トランスクールについて | 苫小牧学習塾トランスクール【中学部公式サイト】

トランスクールについてConcept

塾長ご挨拶

—どんなときでも子どもたちの味方でありたいー

私たちが幼少の頃、この国は自信と元気に満ち溢れていました。時代は変わりかつての勢いを失ってしまった国の雰囲気につられるように、子どもたちは夢を語ることが少なくなったと感じます。特に地方都市の子どもたちには顕著にその傾向が見受けられました。
「夢や希望を抱く子を育み、それを応援し続ける塾を作ろう。」このような思いのもと、弊社代表とともに進学予備校トランスクールを開講して11年が経ちました。思いに賛同してくれるスタッフ、そしてご理解いただいた保護者さまのおかげで、順調に塾生数が増加していることは本当に恵まれた環境であり、感謝の言葉も見つかりません。
北大理学部大学院へ首席で合格した生徒、念願だった大手航空会社でCAに就いた生徒、プロアイスホッケー選手へ進んだ生徒、フランスへ渡りデザイン会社へ勤める生徒など枚挙に遑がなくなりますが、数多くの生徒が夢を叶えるためにこの塾で学業に励んでいきました。高校受験から大学受験、そして看護受験まで幅広くコースを設定し、苫小牧の子どもたちの夢を実現する一助となれたことは誇りでもあります。

いくつか当塾の特徴を案内させていただきます。

一つ目は、生徒との信頼関係の構築にあります。子どもが憧れるような大人であることを常に意識し続けると同時に、普段の授業・夏のキャンプや盛大な卒塾イベントを通じて、親近感を常に維持できるようコミュニケーションを重視しています。良い意味での友人関係に近いものをイメージしていただけると良いかもしれません。

二つ目には、10年間苫小牧で培ったデータを活かした進路指導です。創立10期目よりスタートした『公立高校合格保証制度』において導入初年度、保証対象となる生徒の合格率は100%に達しました。これは私たちにとっても大きな自信に繋がる結果となりました。進路指導では絶対の自信を持っておりますので、お子さま・保護者さまからも強い信頼をいただいております。

三つ目は文武両道の実践です。勉強も部活も大切なものです。人間関係を構築するにあたり、勉強に特化するだけではいけません。また、豊かな人間力を培うために必要なものであると考えますが、地方都市では部活を優先してしまう風潮があることも確かです。部活での疲労を理由に勉強を怠ることはさせません。しかし、我々が文武両道を実践しなければ、生徒たちも私たちの言葉に耳を傾けることはありません。講師たちも、現在は社会人リーグで名門となった当塾アイスホッケー部への参加や、苫小牧ウォーキングといった市民イベントにも協力企業として積極的に参加することで、業務が忙しくても文武両道を実践しています。

最後に。私たちが子どもたちにもっとも伝えたいこと、それは「今ではなく先を見ること」。昨日の自分より今日の自分、今日の自分より明日の自分。GO AHEAD! というコーポレートスローガンにはこのような思いが込められています。

知育教育から大学受験まで

トータル・エデュケーション

小6から高3まで、苫小牧の子どもたちに「知育教育」から「大学受験」までを幅広くサポートします。
また、さまざまな学力層の子どもたちにも対応すべく、ひとりひとりに合ったコースを選ぶことができます。

▲クリックで拡大

感動にこだわる

トランスクールはライブ授業。人を育てることができるのは人。
子供たちの表情を捉え、ひとりひとり、その時その時に合った教育を行います。
新たな知識と思考は感動を生み、講師と生徒のつながりもまたさらなる感動を生みます。

目指すは顧客満足度No.1

保護者様とのつながり

保護者様にとって、塾でのお子さまの様子や塾の中身はなかなか見えるものではありません。
トランスクールでは、各教室に専任講師を責任者として配置しています。
教室担当者が責任を持って窓口となり、保護者様に対応させていただきますので、ご安心してお子さまをお預けください。

こだわりの学習システム

教室担当制だから安心できる

生徒の質問に答えることができるアルバイト講師も多く存在しますが、お子さまや保護者様の窓口となるのは、教室担当責任者です。
各種テストの分析と対策はもちろん、進路指導まですべてに行き届くサービスをご提供いたします。
豊富な経験に基づく、効率的な指導と熱意ある親身な指導が融合した活気ある教室運営が展開されています。

勉強以外も頼りになるトランスクール

トランスクールは勉強も「本気」、遊びも「本気」

通常の塾ではなかなか経験することができない、年1回のキャンプや体育館を貸し切ってのスポーツ大会など、様々な行事を行っております。
勉強では学べない遊びの中で、人とのコミュニケーション能力も身につきます。